初心者のための不動産投資講座

不動産投資は入口で失敗すると大きな遠回りをすることに。情報弱者のまま不動産投資はしてはいけません。最低限の不動産投資に対する知識を身につけた上で投資を始めてください。

【不動産投資の基礎知識】とりあえず不動産投資って何?

 

f:id:fudousancom:20181011222618j:plain

皆さん不動産投資ってどんなものか知ってますか。

不動産投資とは、マンションやアパートなど所有する不動産を貸すことで家賃収入を得ることです。

これをインカムゲインといい、不労所得などと言われていますね。

しかし、一方で不動産を売買して利益を得るキャピタルゲインも不動産投資。

不動産で利益を上げる方法としては大きくこの2つのパターンになりますが、不動産投資は扱う不動産によって様々な種類があります。

不動産投資の種類

単純に不動産といっても種類はたくさんあり、大きく分けると居住(レジデンス)系、事務所・テナント系、旅館・ホテル・民泊系の3つ。

その他土地活用なども考えると駐車場、太陽光発電やコンテナボックス、コインランドリーなんかも不動産投資と言えるかもしれません。

レジデンス系

レジデンス系とは、先ほど紹介したようなアパートやマンションなど居住用不動産=レジデンスを賃貸する不動産投資。

数も多く、賃貸需要も多いので、初心者でも取り組みやすい不動産投資と言えます。

【投資対象】

一戸建て、区分マンション、一棟アパート、一棟マンション、長屋、テラスハウス、シェアハウスなど。

事務所・テナント系

事務所・テナント系は、事務所は、企業や個人事業主、テナントは飲食店や服屋といった小売り店などに賃貸する不動産投資。

居住用に比べると高い賃料で貸すことが出来ますが、借主を探すのが難しく、空室期間が長くなるリスクがあるので、オフィスビル・商業ビルなど大型の物については、専門業者が運営することがほとんど。

【投資対象】

個人だと1階をテナント、2階以上を居住とするマンション。オフィスビル・商業ビルなど。

旅館・ホテル・民泊系

いわゆる旅館業にあたる旅館・ホテル運営や最近多い民泊物件を賃貸する不動産投資。

旅館・ホテルは中々個人では難しく、個人でやれるのは民泊ですね。

平成30年6月15日に民泊新法が施行され、個人の闇民泊が出来なくなったことで、個人の参加者が減り、民泊運営業者でないと中々運営は難しい。

その他、駐車場、太陽光発電やコンテナボックス、コインランドリーなど

純粋に不動産を貸して賃料を得るのが不動産投資ですが、持っている不動産を使って駐車場、太陽光発電、コンテナボックス、コインランドリーとして運用する方法もあります。

初心者が不動産投資をするなら居住(レジデンス)系

 

事務所・テナント系や旅館系の方が収益面を考えると利回りなど高いですが、その分リスクも高く、初心者には難しい不動産投資と言えます。

そのため、初心者の場合は、まず、居住(レジデンス)系から始めるのが無難。

例えば、親から譲り受けた実家や転勤するので自宅を貸すなどすでに持っている物件を活用することが出来れば一番お手軽。

最近では、初心者向けの不動産投資ということで築古の戸建投資が流行っており、100万~500万くらいの少ないお金で始められます。

他には、築古の収益用のワンルームやファミリーマンションなども融資を受けることが出来るので人気の不動産投資。

収益性を考えるなら一気に規模を膨らませることが出来るアパートやマンション。 

ご自身の事故資金や融資をどの程度受けられるかで出来る投資は変わってきます。

それぞれの投資についての詳しい説明は、後日詳しく説明したいと思います。

 

【広告】

 

 

 

 

レンタルサーバーなら【Z.com】

ホームページ作成サービス Z.com Studio