初心者のための不動産投資講座

不動産投資は入口で失敗すると大きな遠回りをすることに。情報弱者のまま不動産投資はしてはいけません。最低限の不動産投資に対する知識を身につけた上で投資を始めてください。

【不動産投資の基礎知識】不動産投資は儲かるのか?

 f:id:fudousancom:20181012171430j:plain

不動産投資をやりたいと思う人は、やはりお金儲けがしたい人がほとんどでしょう。

お金儲けの方法には、株式投資やFX投資、先物取引や最近ではビットコインなどの仮想通貨などがあります。

これらの投資は、株や為替を買って売却益や配当を得るという投資ですが、やはり価格の変動が大きく、実際に稼げるのはごくわずか。

又、売買など日中に取引をしないといけないので、仕事の妨げになることもシバシバ。

私も経験ありますが、リーマンショックの時は持っている株が売るに売れず、仕事が全く手につかない状況が続きました。

そのため、サラリーマンの副業としてはあまり向いていないと言えますし、大半の人は損して終わり。

 

では、不動産投資はどうでしょうか。

 

不動産投資でも、売却益(キャピタルゲイン)を狙った投資もありますが、私がオススメするのはやはり家賃収入(インカムゲイン)をメインにして投資。

 

一気に儲けることはできませんが、コツコツと資産を増やすことが出来、不動産投資で堅実に稼ぐ唯一の方法なのです。

 

では、このインカムゲインを狙った不動産投資は儲かるのでしょうか?

インカムゲインの投資とは

インカムゲインとは、長期的に安定した収益を上げることを言い、不動産投資に当てはめると長期的に安定した家賃収入を得るということになります。

例えば、一戸建ての物件を現金で買ったとして、家賃5万円/月で貸せれば年間60万円の収入を得ることが出来ます。

こういった物件を1つ、2つと増やしていけば、長期的に安定した収益を得られることが出来るようになります。

後々お話しますが、不動産投資ではほとんどが金融機関からの融資を受けて物件を購入します。そのため、家賃から返済金を引いたものが手取りとなるので、実際の手取り収入は微々たるもの。

しかし、返済金のうち元本部分は資産となっており、これをコツコツと積み重ねて時間をかけて資産を形成していくのがインカムゲインを狙った不動産投資なのです。

なので、高齢だったり、短期間に一気に儲けたいという人はチョット向いてないと言えます。

何か文章だけ読むと簡単そうに思えるかもしれませんが、やはり失敗してしまう人がいる訳です。

不動産投資は儲かるのか

 

不動産投資で稼ぐ方法は至ってシンプル。

 

良い場所の物件を安く買って高く貸すだけ。

 

本当にこれだけと思うかもしれませんが、これが出来ればどこで物件を買ってもまず失敗することはありませんので、儲けることができると言えます。

逆に言うといくら物件を買っても、場所が悪く、割高で安い賃料でしか貸せない物件は儲からないということです。

 

しかし、良い場所の物件は競合が多く、どうしても高い価格になってしまいます。

 

なので、良い物件というのは早々ないということをしっかり理解しておくことが重要。

 

やたらめったら紹介してくるような不動産会社はチョット大丈夫と思った方がいいでしょうね。

 

又、追々詳しくお話しますが、新築ワンルームマンションの販売会社はその典型。

新築ワンルームマンションは3つも買えば自己破産しないといけないレベルの危険な商品です。取りあえずここでは、新築ワンルームはダメだとインプットしておいてください。

 

失敗する人のほどんどは、ここで我慢できず、それだけ紹介してくれるならと証も無い物件を買ってしまって、募集したら不動産会社の想定した賃料で客付けできないといった最悪の事態になることも。

 

ということで、不動産投資を失敗しない為にやることは、良い場所の物件を安く買って高く貸すだけにいかに近づけていくかを考えながら物件を選定していくという作業になるわけです。

じゃーどの物件がいいんやと最初は思うかもしれませんが、それは沢山の物件を見たり、どういった物件が客付けしやすいかなどを調べるなどとにかく勉強することですね。

 

不動産投資で失敗しないためにも、コツコツと勉強していきましょう、

 

【広告】

 

 

 

 

レンタルサーバーなら【Z.com】

ホームページ作成サービス Z.com Studio