初心者のための不動産投資講座

不動産投資は入口で失敗すると大きな遠回りをすることに。情報弱者のまま不動産投資はしてはいけません。最低限の不動産投資に対する知識を身につけた上で投資を始めてください。

マイホームの購入も不動産投資と考えれば、借り換えは当然必要!借り換えに困ったらモゲチェック・プラザを使うのもアリ!

どうもトキです。

 

f:id:fudousancom:20181024161856j:plain

不動産投資というと物々しいと思う人も多いですが、マイホームの購入も見方を変えると不動産投資と言えます。

賃貸しているわけではありませんが、自分が賃貸で借りていると考えると返済金のうち元金は自分の資産となっていくからです。

そう考えると、住宅ローンの融資条件が良くなれば、資産が増えるスピードも上がります。

日銀の低金利政策が長く続き、ここ数年は極端に下がっている住宅ローンの金利

今の住宅ローンはタダで借りていると言ってもいいくらいです。

しかし、2008年前後に住宅を購入した人は金利もまだ高く、残債もそこまで減っていないので、借り換えすれば大きなメリットが得られると思います。

でも、実際には、なかなか上手く借り換えができない人も多いようで、そういった人向けに面白いサイトを見つけましたのでご紹介いたします。

そのサイトの名前は、住宅ローンの相談窓口「モゲチェック・プラザ」

 

借り換えしてメリットがあるその条件とは

一般的には、借り換えしてメリットがある条件として、

金利差1%以上

・残債が1,000万円以上

・返済期間が10年以上

 と言われてます。

 

 これは、借り換え時に登記費用や金融機関の事務手数料など、借り換える金額によって数十万~の費用が掛かるためです。

 後は、書類をそろえたりする手間暇なども結構掛かりますので、上記の条件くらいはクリアしたいというところ。

ですが、実際には、ここまでの条件をクリアしなくても、利益は出すことは十分可能なので、借り換える金融機関の融資手数料や生命保険の費用などを調査して細かく計算してみる必要があります。 

住宅ローンが国内最低水準の金利で借り換えできるモゲチェック・プラザの実力とは  

では、実際に借り換えをしようとした際に障壁となるのが、借り換え先の審査。

借り換えるには、やはり金融機関独自の審査基準がありますので、前は大丈夫だったとしても、次の時はダメだったというケースもやはりあります。

そこで頼りになるのがこのモゲチェック・プラザ という訳です。

 国内最低水準金利0.4%台から!モゲチェック・プラザ

モゲチェック・プラザでは、電話相談するだけで全国700社の金融機関へ一括審査申し込みをしてくれます。
その後、借り換え可能な金融機関の連絡があり、その中から条件の良い金融機関を選ぶとモゲチェック・プラザが代行して申込してくれる仕組み。
35年間は、サポートしてくれ、金利上昇などに合わせて新しい提案をしてくれます。
ただ、手数料として、借り換え金額の1%(下限25万~上限50万)が必要。
 
自分で頑張って探すという人は、この1%分もったいないと思うかもしれませんが、忙しくて中々借り換えの件について時間を割けないという人にはオススメですね。
 
金利上昇が始まる前に、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。