初心者のための不動産投資講座

不動産投資は入口で失敗すると大きな遠回りをすることに。情報弱者のまま不動産投資はしてはいけません。最低限の不動産投資に対する知識を身につけた上で投資を始めてください。

【住宅購入の基礎知識】「中古マンション買ってリフォーム・リノベーション」が流行ってますが、本当はいいの?悪いの?

f:id:fudousancom:20190407225601j:plain

どうも不動産職人です。

私の自宅は、中古マンションを買ってリノベーションしました。

物件800万のフルリフォーム400万で合計1200万、今は売っても700万くらいかなあ。資産価値としては500万ダウン。もう住んで10年以上経ってますが、ほぼ新築といった感じで気持ちよく住めたということで、マイホームとしては満足ですが、投資としては失敗だった気がします。

やはり、もう少し都心の良いところに物件持つべきだったなと。今なら好立地物件持ってたらリフォームした以上に価格が上がってたりします。

安い箱を買ってリフォーム・リノベーションするのは良いのですが、色々と気を付けておかないといけないことが多いです。特に見えないところは注意!

新築が高すぎるので中古リノベが流行り

東京23区の新築マンションは7000万以上ともう普通のリーマンでは手が届かないところまで行ってしまった感があります。対して中古は4000万前後なので、500万くらい新着と変わらないくらいのリフォームをしても十分安い。

なので、中古を買ってリノベーションやすでにリノベしている物件を買うというのがここ数年の流行と言っても良いでしょう。

私もどちらかというと10年前にすでに同様の考えを持っていて、中古を買ってリフォームしたのですが、箱が思ったより下がったのが誤算。ただ、安い金額でほぼ新築に住めたと思えば、それはそれでよかったのかなと思いますが、中古リノベ物件を買うときは色々と注意しないといけないことがあります。 

【広告】

 

【賃貸経営で行き詰まったらまずは借り換えでローンの支払いを減らす!】

 

資産価値が下がり過ぎない物件選びと見えないところに注意

中古リノベはいい!というのは私の結論なのですが、物件を選ぶ際にこれからの少子高齢化による人口減を考えると都心部から離れると厳しい。

資産価値の下がらない、今でいうと駅近マンションを狙うことが重要になってくる。

そして、買取り再販などのすでにリフォーム済みの物件を買う際に特に注意したいのが、物件の築年数。築30年以上の物件を購入する際は、給排水管の交換が行われているかは十分に注意したい。
合わせて、外壁や防水、その他の大規模修繕の実施状況はチェックしておくと良いでしょう。

今後中古物件を買いたいと思っている人は参考にしてほしい!

【広告】